いろいろなお葬式のスタイル

お葬式は地域によって違いがある

お葬式は地域によって違いがある お葬式はどこも同じということはなく、実は地域によってかなりの違いがあるのです。それは風習の違いもありますが、お葬式の流れそのものが違ったり、香典などの違いもあります。昔からのしきたりがあり、当然のようにしきたりに沿って行ってきたお葬式は少しずつ形を変え、今では、家族葬、音楽葬、また樹木葬等、色々なスタイルがあります。こうした現代のお葬式とは別に、地域によって違うお葬式のスタイルがあることを理解しておくことも大切な事です。

関東と関西では、食べ物にも色々な違いがあります。だし文化、しょうゆ文化などともいわれますが、関東と関西ではお葬式に関しても違いがあります。通夜でふるまうお料理は関東では当然のことで、親族以外、参列していただいた方にも振る舞います。参列していただく方の数を予想し、大皿料理を用意する事が多く、寿司なども多いです。参列された方で通夜振る舞いに参加する方は少しでも箸をつけること、飲み物を飲んでいくのがマナーとされています。

しかし関西の場合、通夜振る舞いは通常行われず、親族などで食事の席を設ける事が多いです。参列された方はお焼香が終わるとそのまま帰宅することになります。ただ関東方式を取り入れているところもあり、関西でも通夜振る舞いを行うところもあるようです。関東から関西に引っ越した、またお嫁に行った方は、親族がどのような形でお葬式を行うのか、通夜振る舞いに関しても確認しておくほうがいいでしょう。

御香典も関東と関西では違いがあります。関東では通常お香典は頂きますし、お香典の金額も関西と比較して高めです。しかし関西ではお香典を辞退するというケースも多くなっており、また、相場も関東と比較して少な目といわれています。ここには通夜振る舞いがあるかどうかが関係しているといわれているのです。

関西では特に都市圏で通夜振る舞いの習慣がないといわれ、この場合お香典を辞退する事が少なくありません。しかし、親族からのお香典は基本的に受け取ります。またお香典を入れる香典袋の水引も関西では黄伯の水引が利用されることが多いのです。ちなみにお香典の金額ですが、通夜振る舞いを行うことが一般的な関東では両親なら10万、兄弟姉妹なら5万、その他親族なら1万、友人は5千円から1万くらいとなります。

関西で通夜振る舞いを行わない場合のお香典は、両親で5万、兄弟姉妹で3万から5万、その他親族で5千円から1万、友人で5000円です。金額にもしきたりにも関東と関西でこういった違いがあります。関東と関西以外でも、地域、また国によってお葬式には違いがかなりあるのです。

最新記事